最初に日付をメモしよう


気象予報士実技試験において、試験開始直後にほぼ全員が行う儀式がある。
それは、10枚程度の天気図などの資料を切り離す作業だ。
全員が同時に、びりびりビリビリと切り離す。
この作業のために、30センチの直線定規を持参するとよいという人がいる。私はそれほど役に立つとは思わないが、持って行っても損はないだろう。
ビリビリの作業が終わると、受験番号と氏名を記入する。
このあと、本当の解答作業に取り掛かるのだが、その前に一つだけやっておこう。
それは、問題用紙の端に、日付をメモすることだ。
問題の最初に必ずこんな風に、書かれているはずだ。

予想図の初期時刻は、いずれも5月23日21時(12UTC)である。(日付は一例です)

解答作業では、12時間予想図、48時間予想図など時間表示の天気図をたくさん参照することになるが、それが何月何日か分からなくなる。そのたびに指折り数えているのは、時間制限のある試験時間がもったいないし、ミスの元になる。
そこで、わたしは、解答に取り掛かる前に、問題用紙の端に、こんな風なメモを書いておくことを勧める。
上の例に従えば
        0  5/23  21
   12  5/24   9
   24     21
   36  5/25   9
   48    21

これがあれば、例えば5月25日の9時なら、36時間予想図と対応することが一目で確認できる。
ちょっとしたことだが、時間節約になるし、うかつな勘違いを防ぐことが出来る。

読者の声:
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO