第34回気象予報士試験 一般知識解説

問題用紙は、気象業務支援センターからダウンロードしてください。

問1 対流による気温均一化と成層圏安定の理由を考える。
問2 対流による自由対流高度や雲頂高度の理屈を知っているか。
問3 静水圧平衡の式とPaの単位を理解していれば簡単だが、とっさに閃くか。
問4 気体の状態方程式をうまく展開して、計算ミスがなければ、簡単だが。
問5 エーロゾルや過冷却水滴など降水過程の理論。拡散だの凝結だの単語の解釈が難しい。
問6 温帯低気圧に発達する傾圧不安定。補助線と色を付けたら誰でも分かるはずだ。
問7 渦度の計算だが、式にごまかされてしまうと間違えるだろう。
問8 マルチセル型対流雲の発達に必要な条件を整理する。
問9 中層大気の気温と風の特徴とは。
問10 地球温暖化に伴う海水量、水蒸気量、降水強度など推移。
問11 黄砂の原因、時期、被害状況など。
問12 〔法令〕いくつかのケースで予報業務の許可が必要か否かの判断。
問13 〔法令〕気象予報士の登録や抹消、届出のルールについて。
問14 〔法令〕観測と観測機器の基準、設置、廃止に関する問題
問15 〔法令〕水防法第10条の条文の穴埋め問題。意外と難しいよ。
(2013/06/18)

読者の声:
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO